2005年12月07日

クリスマスプレゼント

2005年ももうすぐ終わりですね。
年末といえばクリスマス。クリスマスと言えば、プレゼントですよね。

智ちんはサンタがいると信じてます。
今年は何が欲しいのかと聞くまでも無く、たまごっちが欲しいみたい。

友達はみんな持っているのに智ちんは持っていない。

今時のたまごっちってすごいですね。子供が生まれたり、通信機能で友達とその子供をやりとりできたりするんでしょ。

こんなのちっちゃい子が遊べるのかなと思ったら、友達はみんな簡単に使いこなしているみたいです。

しかも大人気のようで、定価2,500円のものが3,000円以上であたりまえのように売ってます。って、在庫はほとんど無い状態だし。

でも、智ちんには気の毒ですが、たまごっちはもらえません。

なぜなら、おかあさんがこういうゲームが大嫌いだから。。

眼が悪くなるとか、欲しければ本物のペットを飼いなさい、という、おかあさんの言い分もわからないでもないので、少しかわいそうですがおとうさんは黙っています。

サンタさんの気が変わってたらいいね。

...

智ちんが3歳の時のクリスマスにびっくりすることがありました。寝静まった後で足元にプレゼントを置いておいた翌朝、智ちんは起きて大喜び。。そこで言ったことが、

「去年はサンタさん、あたまのところにプレゼント置いてたのに、今年はどうして足のところなのかなぁ?」

子供ってすごいですね。

2歳の時は確かに枕元に置いておきました。普通、そんなこと覚えてる?

...

今年も智ちんにはサンタさんが来るよね。

サンタさんになってクリスマスプレゼントを選ぶのも親の楽しみです。

いつまで出来るのでしょうね。


<関連記事>
エンたま



posted by 山本家のおとうさん at 20:43 | 京都 ☀ | Comment(0) | 生活日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。