2008年08月17日

エコ住宅

暑い日が続きますが、皆さんおうちの暑さ対策されてますか?

最近、一時原油価格が高騰して、電気代等が値上げされたり、地球温暖化防止のためにもなるべくエネルギーを使わないような快適な暮らしができないものかと。

そんなことを考えてはいますが、にわかにエコ住宅なるキーワードがよく登場するようになりましたね。

エコ住宅と言えば、
・太陽光発電設備
・燃料電池発電設備
等、エネルギーを作り出すものや
・遮熱耐熱設備
・屋根への放水設備
等の暑さ、寒さを遮断することで快適な住空間を謳っているものなど、これまでにあった技術などを組み合わせて、「エコ」と言っているだけで特に目新しいものはありません。

山本家でも昨年、断熱塗料で外壁・屋根を塗り替えてからは明らかに家の中の温度は下がりましたから効果は確かにあります。

そういったいろんな技術の中でも、私が前々から注目していたのは、地中から空気を家の中に取りいれ、家の中の温度を調節する手法です。地中の温度は夏は冷たく、冬は暖かいですから、この熱を利用して家の中に空気の流れを作り、室温を調整するというものです。

山本家には掘り込みガレージがありますので、夏にこの中に入った瞬間はひんやりとすることは実感しています。

とはいえ、このような設備は、設計段階から組み込まなければ実装できないわけですし、当然それなりに費用もかかることは間違いありませんが、家を建てる前に知っていればなぁ、と少し未練もあります。

ところが、最近、初めからこの設備を実装した住宅が分譲されるというニュースがありました。
http://sumai.nikkei.co.jp/news/latestnews/index.cfm?i=2008081208037p2

コストとか気になるところですが、ちょっとうらやましかった次第です。

屋根の放水装置なんかも貯水タンクを地下に作り雨水を利用するなど、家を建てる前から計画が必要です。

建てちゃった後ではできることは限られますが、こう暑いと何か対策できないものかと考えちゃいます。
暑くていい考えは出てこないんですけどね。


posted by 山本家のおとうさん at 21:07 | 京都 ☀ | Comment(0) | 設備について考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ