2005年12月27日

ラベリング

12/24の朝日新聞の土曜版の「社会を映すラベリング」という記事を見てちょっと懐かしくなりました。年末になるとこういう過去を振り返るような記事が増えますね。

ラベリングとは、社会現象等をひとことで括って(名前を付けて)分類すること

日本人はこのラベリングが好きみたいです。

その記事に紹介されていた主な「ラベリング」はというと。。
(数字は話題になった年)

1985 新人類
1986 DINKS
1987 フリーター
1988 おたく
1990 コギャル
1996 ストーカー
1999 パラサイトシングル
2000 ジコチュー
2004 負け犬、ニート
2005 ヒルズ族、下流社会

どうですか?

こうして眺めてみると成る程世相を反映してますね。

ラベリングをした人が『日本のあり方全般を問うているつもりなのに、当事者の問題にすり替えられてしまう。』と言っていて、記事は『ラベリングされたことに満足するだけなら、社会を変える力にならないのは確かだ』と結んでいます。

おとうさんは「新人類」とラベリングされた世代かなぁ。

最近は”ダメ親父”にラベリングされつつありますが。。(ちょっと古い)



posted by 山本家のおとうさん at 20:00 | 京都 ☀ | Comment(1) | 生活日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックを有り難うございます。

これから度々お邪魔させて下さい。
Posted by 大滝三千夫 at 2005年12月27日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。