2006年02月09日

確定申告

2月は確定申告の時期ですね。前の年におうちを買った人は住宅ローン控除の申告を忘れないでください。

住宅ローンを借りた場合、最大で年末残高の1%の所得税が還付されます。ただし、この住宅ローン控除を受けるためには入居した翌年に確定申告する必要があります。

初年度に申告すると数年分の申告用紙が送られてきますので、翌年度からはその用紙を年末調整時に添付すれば確定申告は不要です。還付率は経過年によって少しずつ少なくなります。

申告に必要な書類は税務署や地元の確定申告相談窓口等で入手できますし、書き方も丁寧に教えてもらえますので安心です。

とはいえ、払った所得税以上には返ってはきませんのでご注意を。

また、親から援助してもらった場合は贈与税の申告も必要です。こちらは確定申告ではありませんので、税務署に確認してきちんと申告してください。

最近では、いずれも国税庁のページから申告書の作成もでき、それを印刷して提出することも可能です。


<関連記事>
住宅ローン
住宅ローン控除




posted by 山本家のおとうさん at 08:01 | 京都 ☀ | Comment(0) | おうちのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。