2006年02月11日

ひな祭り

『年に一度雛人形を出すものの、いつもしらない間に終わっている日』

山本家では節分が終わって雛人形を出しますが、山本家のひな祭りは、地味です。

派手派手に人形は出しますが、当日になっても我が家では特に何もしません。

ですから毎年知らない間に終わっています。

--

雛人形にはいろいろなものがありますね。(->こちら

山本家は京都の人形メーカの3段飾りです。おかあさん方の祖父母が買ってくれました。

買い足すことで7段飾りにすることもできるそうですが、あの大きさを見れば3段で十分と思います。

山本家のおとうさんは男兄弟で育ったために、もちろんちゃんとした雛人形等ありませんでしたが、母親が玄関先に毎年、折り紙の人形や小さな陶器の人形が飾ってありました。

今思えば、家族で唯一の女性だった母親の年に一度の楽しみだったのかもしれません。

今は山本家で男はおとうさんだけ。。

毎年、肩身が狭くなっていく気がするのは気のせい?







【おうちの行事の最新記事】
posted by 山本家のおとうさん at 21:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | おうちの行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。