2006年05月10日

住宅のチラシ

GW前にはおびただしい住宅やモデルルームの広告(チラシ)が入りますよね。

昔はその広告を見てモデルルームによく行ったものです。

2006.5.3の朝日新聞「わが家のミカタ」という記事を見て笑っちゃいました。

大阪のマンション。隣にエッフェル塔?通天閣と思たわ。

記事の内容は、マンションの広告には不当表示にあたるものもあるので注意!というもの。

ここで紹介されているチラシには、大阪中之島の完成予想建物の隣にエッフェル塔がそびえ、手前にセーヌ側が流れていました。

売主によると「コンセプトを表現したもの」で、エッフェル塔は誰でもしっているから、ということですが、「不動産の表示に関する公正競争規約」に現況に反する周辺状況の表示を禁止しているそうで、厳重注意となった模様です。

チラシをずっとチェックしている建築士の方のブログも紹介されていました。−>マンション・チラシの定点観測

確かに、イメージは大切ですけど、私にも現場に行ってみて「あれ?」と思った経験は何度と無くあります。

私の経験で一番多いのは、家の周りの状況がチラシではまったくわからないということですね。

行ってみたら電柱だらけの街並みでがっかりしたとか、隣との間がキチキチであったとか。。

朝日新聞の記事のまとめは、「具体的な情報こそ、人を動かすと思います。」ということで、チラシに工法などを細かく解説したら見学者が多かったという事実。

現場に行かないとわかりませんが、足を向かせることが出来るかどうかがチラシには重要だということを一度逆手に考えて見てください。

(2006.5.10)


posted by 山本家のおとうさん at 08:40 | 京都 🌁 | Comment(4) | おうちのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
私もうちを探すに当たって、チラシはくまなく目を通しました。
チラシに『こんなうちに住んでみたい!!』と心を動かされて、で、実際現地に行ってみるとラブホテルの裏だったり、ゴミオジサンがお隣りに住んでいたり、高層マンションの真横で日陰になるところだったり、高圧線が張り巡らされた真下だったり。

でも、週末にチラシ見るの、結構楽しかったです。
Posted by さるちゃん at 2006年05月12日 08:29
さるちゃん、こんばんは
コメントありがとうございます。

未だにチラシ見るの楽しいです。;-)
「もう一軒?」、と言ってみる今日この頃。
Posted by 山本家のおとうさん at 2006年05月12日 23:41
私も不動産広告を見るのは大好き。
でもいちいち見に行くのは大変だから、まずグーグルやライブドアのMap で航空写真とかを見るんです。
すると不動産広告のウソがけっこうわかっちゃう。
王子で「森で暮らす」という感じのキャッチがあって、すごいな王子にそんなところがあるの〜と思ったら、ヤマト運輸のトラック基地の裏でぜんぜんそんなところじゃないけどマンションの裏にすこし公園みたいな木を植えたスペースがある。
それで森に立つ少女の写真がメインビジュアル。
でキャッチ「森で暮らす」・・・・?????でしょ。

とりあえず現場に来てくれればOKという会社の姿勢。
信用できません。こんな会社。
ギャグなら許せるけどね
Posted by ポチ at 2006年08月01日 18:00
ポチさん

Google earthですか!成る程、その手は使えますね。いい情報ありがとうございます。

おっしゃるとおり、広告の内容で会社の信用も図れちゃいますよね。
Posted by 山本家のおとうさん at 2006年08月01日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。