2006年05月17日

消防法の改正

平成16年6月の消防法改正で火災警報器の設置が義務付けられました。

新築住宅は平成18年6月1日から火災警報器の設置なしで販売できないらしい。既存住宅の場合は各地方自治体の条例で設置猶予期間があります。山本家のある市の場合は確か5年だとか。

どこに付ければいいのか?については、消防法上では、子供部屋等も含めた人が寝る部屋とその寝室がある階の階段等らしいですが、これも各地域の条例によって異なる別に設置義務を定めていることもある。台所への設置も推奨されています。

よくわからない場合は地元消防本部(消防署)に確認してくださいと市報や新聞に出ていました。

で、気になるのは罰則ですが、今のところは規定はないそうです。

住宅用の火災警報器ですが、「煙」を感知する「煙感知式」と「熱」を感知する「熱感知式」があります。

下記のサイトが非常に詳しく解説しています。

FIREX
http://www.eikan.co.jp/firex/firex01.html

松下電工 法制化の概要
http://biz.national.jp/Ebox/jukeiki/outline.html

さて、火災警報器自体は1個数千円から1万円くらいだそうですが、この消防法改正に便乗して悪徳な訪問販売が既に一部横行しているとか。お互い注意しましょう。

それにしても安全のためとはいえ、最近庶民に負担が増える法律改正が非常に多いような気がするのは私の気のせいでしょうか?

設置したくてもできない人もいるでしょうから、そのあたりちょっと考えてしまいます。

(2006.5.17)


posted by 山本家のおとうさん at 08:48 | 京都 🌁 | Comment(0) | おうちのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。