2000年03月03日

棟上について

棟上というのは一大イベントなのでしょうか。

山本家の場合、朝から大勢の大工さんが応援にきて一気に家の形ができあがりました。

その後、ご祝儀を渡すように不動産屋から言われ、

現場監督と棟梁に1万円ずつ、他の大工さんには千円ずつ、包んで渡しました。

こればかりは、勝手がわからなかったのと変なところで手を抜かれるのも嫌だったのでで不動産屋さんのいいなりでしたが、本当に払う必要があるものだったのかどうかは今もわかりません。

どなたか、こういう慣習に詳しい方がいらっしゃればぜひ教えてください。

[追記]
ここに経験談がありました。ハウスメーカで建てる時は一般的には不用のようですね。




posted by 山本家のおとうさん at 06:47 | Comment(0) | 契約が終わったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ