2000年03月02日

大工さんとは仲良くなろう

毎週のように見に行って大工さんと仲良くなるといいですね。


山本家の場合は、棟上後はひとりの大工さんがずっと作業をしてくださっていたので、気になることやお願いしたいことはこっそりその大工さんに言っていました。

大工さんもよく知った仲になると手を抜けなくなるんじゃないでしょうか?(どうかな?)

入居後もちょっと気になることがあって工務店に連絡するとその大工さんが来てくれますし、仲良くなっておいて損はないと思います。



posted by 山本家のおとうさん at 06:49 | Comment(2) | 契約が終わったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風一過で澄みきった空、でも暑い1日でしたね。山本家のおとうさん、お仕事お疲れ様です。
ほぼ毎日、現場に缶ジュースとコーヒーを届けるついでにヘルメットをかぶってデジカメで写真をとっています。(メーカーに許可を得てます)
大工さんと仲良くなりたいのですが、特に棟梁はまさに『職人気質』という雰囲気で、なかなか親しく話し掛けられません。(笑)でも、質問には丁寧に答えてくださいますし、いったん話しこんで笑うと、かわいらしい感じなのですが…。ま、営業の人とは雰囲気違うのは当たり前ですかねぇ。
今日は炎天下、屋根の防水工事を大工さんがしておられました。ご苦労様です。
Posted by さるちゃん at 2005年07月27日 17:56
さるちゃん、いつもコメントありがとうございます。

昨日はたまたま東京にいましたので台風に直撃されました。そのぶん今日は暑かったぁ。。

ほんとに大工さんは暑かろうが寒かろうが一生懸命に作業してくださって頭が下がりますよね。

そういう姿を見ておくと家にも一層愛着が沸くというものです。

できあがりが楽しみですね!
Posted by 山本家のおとうさん at 2005年07月28日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ