2000年02月01日

資金の調達には

どうしても頭金が不足している場合に親に援助してもらうことも考えてみましょう。
親に資金援助してもらう場合には、次のような税金の優遇措置があります。

住宅取得資金贈与の特例
住宅を買うときに親から援助を受けた場合に特例によって一定額まで贈与税がかからない制度です。

相続時清算課税制度
住宅取得資金の贈与を受ける場合に、贈与税が非課税になる制度です。ただし、相続時に税金の清算が発生します。

こちらも参照してください。
タックスアンサー(贈与税)

注意しないといけないのは、いずれも贈与税申告をしておく必要があること、および人によって上記のどちらが得になるか異なるということです。

一戸建て購入者の半分くらいが贈与を受けているとのことです。その平均額も500万円以上のようです。


posted by 山本家のおとうさん at 21:13 | Comment(0) | 買うと決めたら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ