2000年01月01日

怖いもの

智ちんが2歳の時のことです。

おかあさんがお出かけしていたので、おとうさんとふたりでお留守番をしているときに何の気なしに、「あの時計の針が一番下に来たらおかあさんが帰ってくるよ。」と時計を見せました。

そのときです。智ちんは、それまで気付かなかったことに気付いてしまったのです。

そう、時計は動いているという事実に。。

最初はじ〜と時計を見ていましたが、その後、怖くて時計を見ることができなくなってしまいました。

智ちんにしてみたら針が勝手に動くことがよっぽど怖かったのでしょう。

それからしばらく山本家では時計をすべて隠してしまい、ビデオの時計を見て暮らしてました。

あれはデジタルなので。


posted by 山本家のおとうさん at 02:57 | 京都 ☀ | Comment(0) | 智ちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ