2000年01月01日

なんで?

「ねぇ、〜ってなんで?」、「〜って何?」

と聞かれると、おとうさんは真正面から答えるように努力しています。

智ちんは、とにかくなんでもよく聞いてきます。

最近、漢字に興味を持ってきた智ちん、

「どうして、ひらがながあるのに、漢字があるの?」

と聞いてきました。

おとうさん:「漢字はどうしてできたか知ってる?」

智ちん:「かたちから作ったんやろ。やまの形みて、『山』っていう字ができたんやろ。」

おとうさん:「ようしっとるなぁ。そやから漢字の方が先に出来てんで。その漢字を日本は中国から教えてもろてん。」

智ちん:「ふうん。中国ってどこ?」

おとうさん:「中国は、日本がここやとしてこのあたりやな。」

智ちん:「どうやって日本に持ってきたん?」

おとうさん:「そら、昔の人が木とかに字書いて運んできたんやろな。」

智ちん:「飛行機に乗ってきたんかな。」

おとうさん:「昔は飛行機ないから、船に乗ってきたんやろ。」

智ちん:「じゃあ、なんでひらがなできたん?」

おとうさん:「日本の人が、自分らの言葉に合うように漢字の形を変えはったんや。」

智ちん:「例えば?」

おとうさん:「『あ』は、『阿』からできたんやで。(うろ覚え。。ほんまか?)」

智ちん:「なんで、そうなるの?」

おとうさん:「...おかあさん、なんで〜?」

おかあさん:「知らん。そんなんに付き合いきれん。」

ってな調子です。

おとうさんも努力の日々。。



posted by 山本家のおとうさん at 02:55 | 京都 ☀ | Comment(0) | 智ちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ