2000年01月15日

工法と構造

山本家は、『スレート瓦葺木造2階建て』です。

家の構造は、その建てる際の工法によって決まります。
主な工法には、木造軸組工法(在来工法)、ツーバイフォー工法、等があります。

木造軸組工法(在来工法)は、日本で従来からある工法の総称です。柱、はり、すじかい等で家を支えます。構造的には壁のつくりに融通が利くという特徴があります。

ツーバイフォー工法は、木造枠組壁工法とも言われます。2インチx4インチの木材の枠組みに合板を釘で打ちつけます。工期が短いこと、家のデキが職人に依存しにくいこと、耐震に優れる事等の長所がある反面、間取りが自由になりにくい特徴があります。

その他の工法については、下に” 住宅 工法 ”を入力して検索してみてくださいね。


Google


posted by 山本家のおとうさん at 06:56 | 京都 ☁ | Comment(0) | 広告の読み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ