2007年11月26日

新建築基準法で審査が厳しくなって

マンション建築が予定通りに進まずに困っているという話が記事になっていました。

耐震震度偽装問題を受けて、急に厳しく審査することになったって。。
でも実際は、これまで図面の差し替えで済んでいたようなちょっとした図面の書き間違いとかも「再審査」になったりして、工事が進まないとか。

『設計と工事は、進めながらよりよくなるように修正をしていくようなものであった、設計がきっちり決まっていないと工事ができないということはない』のだそうです。

ふんふん、これは山本家のお父さんの仕事であるシステム構築といっしょですね。

だから、ちょっと行きすぎのキライがあるとか。

それに当然ですが、審査に手間をかければかけるほど人手もかかるし、また施主からすれば資材の保管等の思わぬ費用がかさんだりして、困っているみたいです。

品質には金がかかる。というのは、システム屋の常識ですが、建築もそうなんですね。

ただ今回の場合、審査を厳しくすることにどれくらいの意味があるのかが正直わかりません。

何事にもバランスが肝要。いらないところにお金をかけるのがお役人の常ですから、とってつけたような審査でなく、中身のある審査をしてほしいものです。




posted by 山本家のおとうさん at 23:06 | 京都 ☁ | Comment(0) | おうちのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。